古書の博物館 西尾市岩瀬文庫

お知らせ


わたしたちの西尾は、世界に誇る古書の宝庫である岩瀬文庫を110年間にわたって守ってきた歴史をもつ町です。岩瀬弥助が設立公開したこの文庫には、書物の公共利用を通して地域文化の発展と先人の知恵の恒久保存をめざすという崇高な志が込められています。西尾は書物と特別なかかわりを持つ“本のまち”なのです。にしお本まつりは、そんな“本のまち西尾”の誇りをもって、さまざまなボランティア団体が手作りの催しを通して本への親しみと関心を盛り上げようとする、全国でも珍しい「本のおまつり」です。毎秋、10月の最後の土・日に、多くのお客様をお迎えして賑々しく開催してきました。
しかしながら今年は大勢が集まることは難しいとリアルの開催を断念、リモート開催をこころみます。
10月24日(土) 午前9時から配信開始です。ぜひご覧ください!

※本来のまつり予定日10/24・25を過ぎても、一部動画を除き、「リモート本まつり」は引き続きご覧いただけます。

「リモート本まつり」はこちらから