2018年12月01日(土)〜2019年2月11日(月)
西尾にも来た! 頼山陽(らいさんよう)を知ってますか?

 頼山陽(1780~1832)は、江戸時代の代表的な漢詩人です。歴史書『日本外史(にほんがいし)』の著者であり、九州の名勝「耶馬渓(やばけい)」(大分県中津市)の探訪と命名から今年でちょうど200年となりました。
 文化十年(1813)、山陽は中部地方を旅し西尾まで足を伸ばしています。この時、豪商深谷家の庭園に滞在し、その感動を「又深居記(ゆうしんきょき)」に著しました。この庭園の存在はその後忘れられていましたが、西尾市塩町の宍戸整形外科医院にそのまま残されていることがこのたび判明しました。
 これらの事績を含め、本展では、岩瀬文庫の所蔵資料に個人蔵品も加えて、頼山陽の生涯とその交流、そして時代により変遷した山陽像を浮き彫りにします。
【監修】湯谷祐三(愛知県立大学講師)

詳しくはこちら

休館日カレンダー

開館時間:午前9時〜午後5時

2018年12月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019年1月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

  • 西尾市岩瀬文庫 古典籍書誌データベース
  • にしお本まつり
  • いわせぶんこ こどものページ
  • 尾﨑士郎賞
  • 岩瀬文庫の世界